腸もみで足が温まる

【腸もみで足の血行が良くなる】

こんにちは!
お腹専門店 松井です!

寒くなってきていますが
冷え性の方はより一段と辛いですよね!

毎年、脚が寒くて辛い思いしてませんか?

冷え性の原因は自律神経(興奮する神経とリラックスする神経)の調整がうまくいかずに乱れている事が主な原因になってきます。

ずっと冷え性が続いている主な原因は
・睡眠不足
・時間に追われている
・ストレスが多い
・疲れやすい

自律神経が乱れて交感神経優位になると血管は収縮し体の末端に送る熱量が低下して末端が冷えます。

腸の働きを整えると自律神経が整い副交感神経の働きが安定します。
安定すると血管は拡張し体の末端に送る熱量が上がる為、変化がおこります。

注)筋力不足も原因の方もいます。

今回の写真は腸もみの施術をしたBeforeAfterです。
腸もみの施術後、お腹だけでなく脚まで温まります。

※サーモグラフィーですが
温度が低く色が赤く良くなかった部分が
施術で温度が高くなり黄色くなっていることがわかります。
青色はもっとも温度が低い所です。

胃腸や内臓の温かい状態を作ると
自律神経が整い
神経の興奮が収まりやすいです!
それはセロトニンが作られやすい環境を作るから!
常に胃腸や内臓の温かい状態を作りませんか?

何か質問があれば気軽に”松井”
までコメントしてね!